有機化合物

目次

有機化合物とは/有機合成とは

有機化合物_イメージ

炭素(C)が主体であり、その他水素(H)や酸素(O)から成る化合物のうち、生物由来の物質の総称が「有機化合物」。つまり動物や植物など、生物の体を構成する物質が有機化合物なのです。

かつて有機化合物は「生物がつくり出す化合物」として定義づけられていましたが、炭素を含まない無機化合物からつくり出されることが明らかとなりました。このように、無機化合物から有機化合物をつくり出す方法が「有機合成」です。

多くの試薬や分析機器を使用し、高度な技術を必要とする有機合成。この有機合成により、現在では多くの有機化合物がつくり出されています。

受託合成サービスを選ぶ際は、まず自社がやりたいことに合致しているのかを確認!
受託合成の対応の幅が広い3社の特徴をまとめています。

有機化合物の受託合成の費用相場

有機化合物の受託合成の費用相場に関する情報は確認できませんでした。費用は有機化合物の受託合成の対応企業によって異なりますので、見積もりでしっかりと費用を確認する必要があります。そのため、複数の企業から見積もりを取り、費用を比較検討してみるとよいでしょう。

また、テクノプロR&D社のように、有機化合物の受託合成費用の金額や期間の事例を掲載している企業も見られます。費用が気になる方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

参照元:テクノプロR&D社公式サイト(https://www.technopro.com/rd/contract/lineup/organic/

有機合成に対応している企業と合成の内容

有機化合物の受託合成に対応する企業についてご紹介します。

ナード研究所

引用元:公式HP
https://www.nard.co.jp/

ナード研究所では、合成実験と理論計算による有機合成支援を行っています。合成実験と理論計算を併用することで効率よく研究開発を進められることができる他、相互作用により信頼性の高いデータの提供が可能です。

【ナード研究所が提供する有機合成】

ナード研究所の参考情報

三栄化工

引用元:公式HP
http://san-eikako.com/

立体区別反応や鈴木カップリング反応などの合成技術や、薄膜蒸留を用いた精製技術を駆使し、有機化合物の受託合成を提供する三栄化工。三栄化工のおもな有機合成サービスは以下の通りです。

三栄化工では、小スケールの合成にも対応しています。

三栄化工の参考情報

神戸天然物化学

引用元:公式HP
https://www.kncweb.co.jp/

神戸天然物化学では、過酸化物酸化などの酸化反応や接触水素化反応などの還元反応、金属水素化合物をはじめ、以下のような反応を伴う有機合成に対応しています。

神戸天然物化学の参考情報

テクノプロ

引用元:公式HP
https://www.technopro.com/

有機化合物の受託合成を請け負う企業のひとつ、テクノプロの受託実績をご紹介します。

【テクノプロの受託合成の一例】

テクノプロの参考情報

参照元:テクノプロ「有機合成/材料開発領域における主な事例紹介」(https://www.technopro.com/rd/contract/lineup/organic/)

広栄化学

引用元:公式HP
https://www.koeichem.com/

広栄化学では、以下のような高度な技術を要する有機化合物の合成に対応しています。

広栄化学の参考情報

フナコシ

引用元:公式HP
https://www.funakoshi.co.jp/

【フナコシが提供する有機合成】

フナコシの参考情報

和研薬

引用元:公式HP
https://www.wakenyaku.co.jp/

【和研薬が提供する有機合成】

和研薬の参考情報

コスモ・バイオ

引用元:公式HP
https://www.cosmobio.co.jp/

【コスモ・バイオが提供する有機合成】

コスモ・バイオの参考情報

受託合成に対応する代表的な化合物について、こちらもチェック