ペプチド

目次

ペプチドとは/ペプチド合成とは

ペプチド_イメージ

アミノ酸が「ペプチド結合」によって、鎖状に数個~数十個つながったものがペプチドです。ペプチドは結合するアミノ酸の種類や配列、数によって多くの種類が存在します。

ペプチドはより長い鎖を持つタンパク質を切断したり、アミノ酸をつないだりすることでつくられます。このうち、新たなアミノ酸配列を設計し、人工的にペプチドをつくり出すのが「ペプチド合成」です。

受託合成サービスを選ぶ際は、まず自社がやりたいことに合致しているのかを確認!
受託合成の対応の幅が広い3社の特徴をまとめています。

ペプチドの受託合成の費用相場

ペプチドの受託合成の費用相場に関する情報は発見できませんでした。もしペプチドの受託合成を依頼する場合、まずは見積もりを取ってみることをおすすめします。予算と比較してから依頼の可否を判断しましょう。

また医化学創薬のように、ペプチドの受託合成の参考費用を掲載しているところもあります。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。見積もりを相談する際に、各企業の公式サイトをチェックしてみるのもおすすめです。

参照元:医化学創薬公式HP(https://soyaku.co.jp/peptide-custom-synthesis/

ペプチド合成に対応している企業と合成の内容

ペプチドの受託合成に対応する企業をご紹介します。

ナード研究所

引用元:公式HP
https://www.nard.co.jp/

ナード研究所では研究開発に必要なペプチドの提供のため、特注でのペプチド合成に対応しています。特注合成に関しては、サンプルを提供することで研究の効率化を支えます。

特注サンプル合成の他、以下のような対応が可能です。

また、ナード研究所では長期契約による研究開発支援(FTE契約)を行っています。経験豊富な研究員と設備を提供し、研究の推進を図ります。

ナード研究所の参考情報

医化学創薬

引用元:公式HP
https://soyaku.co.jp/

医化学創薬が行うペプチド合成は、マイクロウェーブによるペプチド固相合成です。マイクロウェーブを照射することによって、ペプチド合成の時間短縮や効率化につながります。

以下については、オプションサービスにて対応しています。

医化学創薬の参考情報

参照元:医化学創薬「ペプチド合成」(https://soyaku.co.jp/peptide-custom-synthesis/)

桑和貿易

総和貿易が取り扱う米国AAPPTEC社は、ペプチドの受託合成を手がける世界有数の企業のひとつ。ペプチド合成受託の他、ペプチド合成に必要な装置の開発や試薬の供給企業としても知られており、多様なスケールの特注ペプチド合成に対応しています。

【主な受託合成サービスの一例】

神戸天然物化学

引用元:公式HP
https://www.kncweb.co.jp/

一般的なペプチド合成をはじめ、修飾ペプチドやさまざまなコンジュゲーション、非天然アミノ酸合成などに対応する企業が神戸天然物化学です。

各種ペプチド合成装置や分析装置を備え、デザインから合成までのさまざまなステージおよびスケールに対応し、ペプチド治験薬のGMP製造を目指す企業でもあります。

神戸天然物化学の参考情報

実績

生理活性ペプチド、酵素阻害剤・基質、核酸ペプチド、糖ペプチド、各種修飾ペプチド・蛍光標識ペプチド、 各種環状ペプチド(ジスルフィド含有、チオエーテル結合含有ペプチド、デプシペプチドなど)、各種ペプチドミメティックス、 非天然アミノ酸、アミノ酸誘導体、安定同位体標識ペプチド2H, 13C, 15N)、抗原ペプチド(エピトープの選択を含む)、 抗体作製用ペプチドコンジュゲート、その他、ラージスケールでのペプチド固相合成と精製

引用元:神戸天然化物化学公式サイト
https://www.kncweb.co.jp/technology/peptide.html

薬研社

引用元:公式HP
https://www.yakukensha.co.jp/

自社ラボにて高品質のサービスを提供する薬研社では、研究者の要望に応えるカスタム合成に対応。各種修飾ペプチドや蛍光標識ペプチド、長鎖・短鎖ペプチド合成など多くの実績があります。また、成功報酬での対応をしている点も薬研社の特徴のひとつです。

【各種修飾ペプチド合成の一例】

薬研社の参考情報

ペプチド研究所

引用元:公式HP
https://www.peptide.co.jp/

【ペプチド研究所が提供するペプチド合成】

ペプチド研究所の参考情報

ユーロフィンジェノミクス

引用元:公式HP
https://eurofinsgenomics.jp/jp/home/

【ユーロフィンジェノミクスが提供するペプチド合成】

ユーロフィンジェノミクスの参考情報

スクラム

引用元:公式HP
https://www.scrum-net.co.jp/

【スクラムが提供するペプチド合成】

スクラムの参考情報

和研薬

引用元:公式HP
https://www.wakenyaku.co.jp/

【和研薬が提供するペプチド合成】

和研薬の参考情報

東レリサーチセンター

引用元:公式HP
https://www.toray-research.co.jp/

【東レリサーチセンターが提供するペプチド合成】

東レリサーチセンターの参考情報

フナコシ

引用元:公式HP
https://www.funakoshi.co.jp/

【フナコシが提供するペプチド合成】

フナコシの参考情報

コスモ・バイオ

引用元:公式HP
https://www.cosmobio.co.jp/

【コスモ・バイオが提供するペプチド合成】

コスモ・バイオの参考情報

バイオロジカ

引用元:公式HP
https://www.biologica.co.jp/

【バイオロジカが提供するペプチド合成】

バイオロジカの参考情報

ピーエイチジャパン

引用元:公式HP
https://phjapan.jp/

【ピーエイチジャパンが提供するペプチド合成】

ピーエイチジャパンの参考情報

ペプチド合成の手法

ここでは、ペプチド合成の主な方法を紹介いたします。

液相法

一つのアミノ酸に別のアミノ酸を加えていく過程を繰り返す合成方法です。

メリットとしては、長いペプチドを合成することが可能な点合成の順序を自由に決められる点があります。

一方、デメリットとしては合成後の精製が困難で、時間と労力を上げることができるでしょう。
液相法の場合、各ステップで生じた副産物を取り除く工程が必要になることがあります。

固相法

まず、固定相を用意して、その上にアミノ酸をひとつずつ追加していく方法です。

メリットは合成後の生成が容易な点自動化が容易で、大量生成に適している点です。

デメリットとしては、長いペプチドの合成は難しい場合がある点です。

合成手法のまとめ

液相法、固相法のメリットとデメリットは、具体的な合成の目的や条件によって変わってきます。

どの方法を選択するかは具体的な目的や条件を考慮していくといいでしょう。

受託合成に対応する代表的な化合物について、こちらもチェック